授乳服で赤ちゃんを待たせない|おしゃれな授乳服Guide

親子

デリケートな肌

赤ちゃん

敏感な肌

赤ちゃんの肌は大人に比べるとバリア機能が弱いので、少しの環境の変化ですぐにトラブルに発展してしまいます。赤ちゃんの肌トラブルの中でも、乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験する肌トラブルとなります。乳児湿疹の原因を知り対処しましょう。

乳児湿疹の原因

乳児湿疹とは、赤ちゃんの肌にできる湿疹を総称した名称となります。おむつによるかぶれや、あせも、アトピー性皮膚炎などがあります。乳児湿疹の中でも多い症状は、脂漏性湿疹です。脂漏性湿疹は、体にはできませんが、首から上に湿疹ができるのが特徴です。
赤ちゃんが生まれた時期は、新陳代謝が活発に働いていることに加え、お母さんのお腹の中で育っているので女性ホルモンの影響も少なからず残っています。その為、生まれてから生後3ヶ月は皮脂の分泌が盛んなので、これが原因となり脂漏性湿疹などの乳児湿疹が起こるのです。赤ちゃんの肌は汗や皮脂などの汚れが溜まりやすいので、乳児湿疹は赤ちゃんにとって当たり前の現象となります。

対処法

乳児湿疹になっても原因が分かっていれば、特別心配する必要はありませんが、ケアは必要となります。赤ちゃんの肌は敏感肌なので、お風呂の際には柔らかい布で赤ちゃんの体に溜まっている汚れを落としてあげましょう。この時に肌をこすることは余計に乳児湿疹を悪化させてしまう恐れがあるので厳禁です。また、ベビーソープやベビーシャンプーを利用してマッサージするようにして洗ってあげましょう。